銀行でお金を借りるときの審査の流れ

先日、銀行の無人契約機でお金を借りてきました。
審査の流れとしては、無人契約機の部屋に入ると、無人契約機に設置されている電話が鳴ります。電話に出ると、オペレーターと電話がつながります。その後は、基本的にオペレーターの指示にしたがって質問に答えたり書類に記入したりするだけです。その流れとしては、まずは審査で必要になる免許証などの身分証明書を提出します。これは契約機に写真を撮る機能がついているので、コピーを用意しておく必要はありません。希望融資額が50万円以内なら、収入証明書は必要ありませんが、私は2か月分の給料明細を提出しました。銀行では、審査のときに職場への在籍確認が行なわれますが休日で会社が休みである場合には、在籍確認がとれず、希望の金額が借りられないことがあるようです。給料明細を提出していれば、その会社に勤めているという証明になり、在籍確認が不要になる場合があるので、給料明細を提出することはお勧めです。
さて、基本的には一番最初に免許証や収入証明書の提出、年収や勤務先情報、他社からの借入額といった属性を申告することになり、それを元に審査が進められていきます。審査が進められている間に、契約書類やアンケートなどに記入をするので、無駄がありません
契約書類やアンケートへの記入が終わって、5分程待てば審査結果が出て、その場でカードを発行してもらえました。

越境ECを始める企業への融資が増加、日本政策金融公庫の海外事業支援制度
海外事業を行う中小企業の資金調達を日本政策金融公庫が支援する「スタンドバイ・クレジット制度」において、越境ECに取り組む企業への融資が増えている。 2016年度における小規模事業者向け融資では、新たに海外展開に乗り出した企業(海外展開開始後5年以内)が (続きを読む)